17億愚鈍(ぐどん)が縋(すが)る絶対狂気、見っともない、しどろもどろ、敗退するだけの虚偽の弁明に、僕ら人間の歴史…

 ほぼ確かに存在すると設定、命題(めいだい)提起できる進行現実(げんじつ)に、虚偽の、不正の、腐ったベール(被服)をかけるの  人間の歴史を虚偽が否定するの  僕らが存在することの意味を知らず、存在したことの結果責任すら負(お)わず、一切(いっさい)を黙(もく)し、消し去るの  悪事(あくじ)が、不正が、腐敗、腐乱現実が、虚偽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 99万年、6600年、13年をかけ、時代背景、色、愛情、殺意、悪意を人間に塗りこむの

 暴戻(ぼうれい)の逆風に立ち向かう耐性、不正への反逆、無法、無頼(ぶらい)への反撃、虚偽への逆襲が可能の強い人間意志を持たせることの善悪(よしあし)を富裕が決めたの  従順、隷属(れいぞく)、隷従(れいじゅう)、鎖(くさり)に繋(つな)がれた安心、吠(ほ)え声禁止の口輪(くちわ)、定時の食事、雨露をしのぐ住居、快適の犬小屋、適応障害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 美の様式の1つにふれ、僕らは猿類(るい)から洗練されるの

 悪魔の意志、破壊はどこかで美に通じてるの  僕らは、天からの雫(しずく)、滴(したた)りから生物を開始したの  のどかの潺(せせらぎ)、荒れ狂う濁流を経て、大きなものへと流れこみ、合流、合一、1つのものになるの  個の意思の形成、発露に時(とき)の仕組み、仕掛(しか)けが巧妙の整合性を装(よそ)ったの  やわらかな日差しは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 現実を夢想し、追い、僕らは個の自由の素原(そげん)を本(もと)に、個の自由を実現していくの

 汚し、害し、弱者をいたぶり、本能肉体の欲望を、富裕をひたすら追うの  不正、虚偽、富裕、人間の本性、人間本質にひそむ悪・と対峙(たいじ)、対決し、自らの人間の姿を明らかにするの  僕らの生存可能の仕組み、構造形成、欲求喚起(かんき)するもの、意思の最終確認、決定する者、行動要請するもの、誘導するものに同調、同化するの   現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 母を憎み、存在を否定、記憶から削除、消去する悲しい生物になりたかったの

 母なるものを神の意を体現した偉大の必然、絶対の創造主、造化(ぞうか)の妙(みょう)と慕(した)うの  愛された記憶を奪われたの  失(うしな)った時を葬(ほうむ)り、独立存在になるの  偽(ぎ)情報を信じ、刷り込まれたコードに従って人間を実行行為するの  忠実の人間演技者になるの  誰のために、何(なに)ものの利益、何(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可能と不能のランダム、揺(ゆ)らぎの内に存在の自身(み)を置き、ギリギリの人間境域、固定培養基(ばいようき)の限界…

 無能を責(せ)め立てるの  無力、貧(まず)しさを嘆(なげ)き、多様性の撹乱(かくらん)に惑(まど)うの  不幸、不運を呪(のろ)い、他の力に依存、自傷、自壊、自慰(なぐさみ)に貪溺(たんでき)するの  富裕独占に隷従(れいじゅう)し、一人(ひとり)扶持(ぶち)の分け前を貰(もら)うの  飼養(しよう)、教育環境に適応、順…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 生者(せいじゃ)必衰(ひっすい)の理(ことわり)が、肉体刺激、食欲、性愛、棍棒(こんぼう)、首輪、ハーネスにだけ…

 人間性をすり減らしたの  過去に従属、接続して、遺産を食い潰(つぶ)す胴欲(どうよく)に目を瞑(つぶ)ったの  精神の鈍痛、繰り返される無法不法、幼稚(ようち)の暴走、忌々(いまいま)しい狂気に疲労(ひろう)、困憊(こんぱい)、性を足蹴(あしげ)にしたの  単純な錯覚、思いつきの幻想、望ましい虚偽を受け入れたの  思考回路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富裕独占という悪魔の犯罪、地球を汚染、悪害、人間を蝕(むしば)み、損壊(そんかい)する邪悪が、空前の速度で醜悪(し…

 不正、腐敗、虚偽が人間を汚染したの  人間の人間性を破り、突き崩(くず)し、性の潰滅(かいめつ)が進むの  病んだ・・・を人間に植え付け、偽(ぎ)情報の小出(こだ)し、商品宣伝でコントロール、富裕を増築するの  絶対核心が富裕が強奪(ごうだつ)、独占した富財(ふざい)、権力、権限、上級配位(はいい)、隠し金(ガネ)を一極(い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

 自由の生成、転変(てんぺん)、昇華(しょうか)の動機を内に、僕らは人間の歴史を生きるの

 水が流れたの  生温(なまあたた)かな血が流れるの  人の姿が見えなくなり、地の上から消え、非人間共産怪物が・・のように湧(わ)いたの  独裁の無法、裁(さば)きが存在の自由を犯し、存在の管理、支配権限を行使したの  物質の形態、作用(さよう)を絶対核心が決めるの  絶対核心に自由の意思など存在しなかったの  大躍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の醜(みにく)さ、暴力、攻撃性、排他(はいた)、人間性否定、淫(みだ)らの欲望の増殖、傲慢(ごうまん)、強欲(…

 ヒットラーの再現、再来を待ち望むの  狂気独善に人間を委(ゆだ)ねるの  総統、核心の忠実なイヌになるの  中国をどこに持って行くの  人間の歴史の汚穢(おわい)、汚瀆(おとく)、汚点の中心に饐(す)えるの  不正腐敗、虚偽の偉大の生業(なりわい)、習(なら)い覚えた非人間鬼畜(きちく)、蛮行(ばんこう)、悪魔の所業(し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港、台湾が中国虚偽、共産怪物の毒牙(どくが)に落ち、絶対核心なる馬鹿げた妄語(もうご)もろとも、錯乱(さくらん)…

 虚偽、不正の中国に明日はあるの  外側だけの見せかけ、体面(たいめん)だけの薄っぺらさ、中国の歴史とはそんなにチンケ、安っぽい、虫ケラの死骸(残りカス)のような、どうでもいい、いつでも掃(は)き捨てられるものだったの  中国共・党共産怪物は自らの不毛(ふもう)の偽物の価値を、中国大地の下深く埋(うず)め、最初から何もなかったかのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人民の血を流し、人民を搾(しぼ)り、啜(すす)ることが、中国共・党虚偽不正、不法無法、不正蓄財、不正富裕、狂気独裁…

 不正腐敗が風前の灯火(ともしび)、中国共産党の命の綱だったの  腐乱、崩壊、解体、消失寸前の最後の悪あがきを見せるの  無知無能が真実を知ったの  押し寄せる歴史の決断、粛清(しゅくせい)の暴風、正義の純真(まこと)、暴嵐を前に、虚偽は立ち竦(すく)み、震えているの  腐敗の巨塊(かたまり)、その大きさを頼りに、人口暴力、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 ルッソーが夢みた自然の人間の生き残りが、拡張された知の領域で悪・の破壊意志と対峙(たいじ)、共産怪物と富裕化(ば…

 僕らは最後まで、自然の人間を生きるの  自然のままに死を選ぶの  大河の流れゆく先に合流するの  中国の虚偽、不正、錯覚が終わるの  全能の神に並び立つ絶対核心など、どこにも存在しなかったの  狂信と熱狂が、日本にズタズタに引き裂かれた中華の矜恃(きょうじ)、大戦の敗北、中国の屈辱、恥辱、劣等(れっとう)が毛沢東、周、習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 富裕独占の臭気(しゅうき)、焼結(しょうけつ)、深い傷跡、戦場(いくさば)の夢の跡から更新世(こうしんせい)を復…

 不能、不全、失敗の素原(そげん)を洗い、復権、復活の可能、独裁、独善、破壊、狂気の燦爛(さんらん)を見るの  悪党悪・の意思、痕跡(こんせき)を発掘するの  人間が富裕の素材(そざい)にならねばならぬ理由など、どこにもなかったの   僕らは欠陥、瑕疵(かし)、錯誤(さくご)だらけ、混乱、無秩序、迎合(げいごう)、裏切り、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 地上の歴史、地理の記録に生物の種の境界が富裕化(ば)けものに破られ、食い荒され、自然淘汰(とうた)、絶滅したと残…

 僕らは不正、腐敗、虚偽を生み、欲望膨満(ぼうまん)、狂気増長(ぞうちょう)、自殺行為、錯乱(さくらん)、錯誤(さくご)、破壊、損壊(そんかい)、汚染、腐乱、自然消滅で終わったの  何か、見るべきものはあったの  生の欲求が性の独(ひと)り善(よ)がりで寂(さみ)しく終結したの  記録には海から地上へ上陸したこと、神と悪魔の真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 僕らは僕らの生理的構造、僕らの肉体をどこに置いて人間を満喫(まんきつ)、楽しみたかったの

 不正腐敗、虚偽の世界に人間を住まわせたかったの  暴力と恐怖で人間を追い詰(つ)めたかったの  放射能汚染、新疆ウイグルで人間の耐性を試したかったの  大気汚染にどこまで生存可能か人体実験するの  河川、海に有毒、有害物質を垂(た)れ流し、秘(ひそ)かに、大量に、無知無能の人民の殺戮(さつりく)、大虐殺(ぎゃくさつ)が進行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 悪魔の道具が本性を現わし、富裕の全貌(ぜんぼう)を見せた、その瞬間、その地、爆心から日本を、世界を、歴史を、人間…

 人間の歴史が何を生み出したの  不正、腐敗、虚偽がどこから来たの  非正規、非人間、下層配置、下位設定、不要(ふよう)無用(むよう)認定、廃物(はいぶつ)決定、胃瘻(いろう)チューブ脱着、何ものが権限(けんげん)を行使したの  人間を細胞断片、生体ピース(かけら)の寄せ集め、物質として取り扱い、処理するの  人間の意思の存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕らは無(な)けなしの知脳と足を使うだけの低位、低層の頭足類の初期段階から、そろそろ愚(おろ)かしい生物種の次の階…

 中国の無能は暴力人口、国家ぐるみ犯罪集団、紅い悪魔に魂を売り渡した腐敗金(カネ)まみれ、不正、汚(きたな)い黄金壺(つぼ)に帰(き)したの  全てを絶対核心虚偽(きょぎ)に委(ゆだ)ねた空虚(くうきょ)、虚妄(きょもう)の恍惚(こうこつ)に浸(ひた)ったの  背徳(はいとく)に陶酔(とうすい)する絶望感を満喫(まんきつ)し、殺戮(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存、豊潤(ほうじゅん)、富裕への基幹(きかん)、本能的欲求は遺伝子配列、構成に依存(よ)らず、単純の光合成組織の…

 暗い闇に蠢(うごめ)くもの、熱床(ねっしょう)、熱狂を好むもの、虚偽、暗黒、低劣(ていれつ)に暗躍(あんやく)、躍動(やくどう)、自らを発輝(はっき)、無体(むたい)を発現するもの、中国朝鮮富裕の蠕動(ぜんどう)をどこに向わせるの  最終の地に至るまで、自らの墓穴となる地の底に掘削(くっさく)、掘(ほ)り進むの  人間を否定、損壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 富裕が独(ひと)り占(じ)め、不正蓄財した隠し金庫の底が抜け、新(あら)たの欲望の仕掛(しか)けが始まったの

 バブルの狂騒(きょうそう)が虎視(こし)眈々(たんたん)とスタートアップの準備に取りかかったの  紅潮(こうちょう)の不正腐敗、虚偽、独善、大口(おおぐち)が大瀑布(ばくふ)の落下の洗礼を浴びるの  中国の虚偽、偽札の蔓延(はびこ)りが人民の怒りを買い、人間の性の余(あま)りの賤(いや)しさが人間の本質、本性に直結(ちょっけつ)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more