音楽、心のままに踊り狂うの

 美に浸(ひた)るの  エロスと1つの物(もの)になるの  自分から飛び込むの  仕事に出るの  狩(か)りをするの  漁(あさ)るの  目を閉じるの  永遠(えいえん)になるの  世界が目覚(めざ)めるの  初(はじ)め、始(はじ)まりはどこにあったの  終わりの時が始(はじ)まりだったの  性に傅(…
コメント:0

続きを読むread more

 時間を、生命の発露(はつろ)を暗黒の側(がわ)に、闇(やみ)にひそむ悪・、悪の意志に手渡(てわた)したの

 明るい世界から逃げ出したの  自(みずか)らの広がりを拒(こば)んだの  世界の大部(たいぶ)を占(し)める暗黒の世界に早く同調したかったの  人間の生命(いのち)を限(かぎ)ったの  人間の、個(こ)の、性の可能、発進(はっしん)を恐れたの  複雑怪奇、覆(ふく)次元(じげん)要素、難解(なんかい)、意味不明、懐疑(か…
コメント:0

続きを読むread more

 中国虚偽(きょぎ)国家を人類知(ち)の総合(そうごう)が裁(さば)き、断罪するの

 虚偽隠蔽、不正腐敗独占独裁が僕らの形成した幼稚(ようち)の知能を嘲笑(あざわら)い、汚れた大地、汚染大気、汚染土壌(どじょう)を疾走(しっそう)するの  野蛮(やばん)の獣欲(じゅうよく)が恣(ほしいまま)の暴力、無法、悪臭(あくしゅう)、狂気を繰(く)り出し、民主主義の幻想を破ったの  ウイグル浄化(じょうか)、民族殲滅(せんめ…
コメント:0

続きを読むread more

 時間を生産し、必要の人間行動に使用する場所を確保、自(みずか)ら世界を広げるの

 自由から逃げ出すの  奴隷(どれい)人間になるの  食(しょく)を最優先、食餌(しょくじ)行為、熱量保存に精励(いそ)しむ下等生物の行動基準、循環(じゅんかん)法則に上級、高等も習(なら)うの  常(つね)に日常のルーテインに立ち戻るの  現実という仮想空間で、ようやく安(やす)らぐの  精神の安堵(あんど)、平穏(へい…
コメント:0

続きを読むread more

 人間の性、個(こ)の性、純粋の炎、怒りの火柱(ほばしら)、生命の迸(ほとばし)りが地に満ちあふれたの

 不正を、腐敗、狂気を許すの  富裕に、虚偽に、人間を、真実を破られるの  僕らの歴史を、赫々(かくかく)たる生き物の歩みを僕らの手で閉鎖(と)じ、恥(は)じないの  虚偽の囂々(ごうごう)たる濁流(だくりゅう)に、存在の深さが呑(の)みこまれたの  底知れぬ暗黒不正の蔓延(はびこ)り、富裕の傲然(ごうぜん)、虚偽隠蔽(いん…
コメント:0

続きを読むread more

 虚飾(きょしょく)に満ちた貪婪(どんらん)の性を貫(つらぬ)き、自(みずか)らの真実を生きる他(ほか)に人間の道…

 どこかに戻るの  通過するだけだったの  現実の重量(おも)さは夢幻(ゆめまぼろし)、非現実と等価のg(グラム)数だったの  向(む)かってくる風には対抗するの  理不尽(りふじん)、理解できない、同意できないことにはノー(否)を突きつけるの  人間の性を全面否定する虚構(きょこう)、虚偽の仕組(しく)み、増長(ぞうちょ…
コメント:0

続きを読むread more

 僕らは充溢(じゅういつ)する緑のさやぎを前に、手にした人類種(しゅ)の実(みの)り、自由の炎を自(みずか)ら消すの

 真実に照応(しょうおう)する虚偽現実の調整が始まったの  独占の不正を明(あ)かし、暴(あば)くの  暴走、狂乱する独裁の狂気の行(ゆ)く末(すえ)、浅(あさ)ましい萎(な)え果(は)てた姿まで見届(みとど)けるの  共産主義怪物の真っ赤の虚偽が中国全土を血に染めたの  富裕の化(ば)け物が地上を闊歩(かっぽ)、隆盛(りゅ…
コメント:0

続きを読むread more

 快感中枢(ちゅうすう)を破壊し、地獄を見てみるの

 目に前に何が見えているの  何を見たかったの  何から逃げたの  終わりにしたいの  始まりにするの  性を生(う)み出すの  僕らは構造設計されたの  腐敗物、排泄(はいせつ)物と共存、共有する世界に送り出されたの  個(こ)の機能、能力、独自、独特の性を自(みずか)らの意志で起動(きどう)、生(せい)活性(…
コメント:0

続きを読むread more

 太陽の玉冠(ぎょくかん)は何人の人間を殺せば気が済(す)み、去(さ)るの

 3000万の犠牲(ぎせい)、30億の人格崩壊、300兆元の賠償(ばいしょう)金を払っても、尚(なお)、僕らは元(もと)の道へ戻ることができないの  独占が、富裕、AI(集積装置)が人間の築(きず)き上げたものを奪い尽(つ)くす怒濤(どとう)の流れに身(み)を任(まか)せる他(ほか)ないの  非人間の究極(きゅうきょく)、極道(ごく…
コメント:0

続きを読むread more

人間の心の震(ふる)えを忘れ、人形(ひとがた)になっていくの

 不正腐敗、虚偽不正、中国、日本のように人間が腐り始めたの  僕らの本性(ほんせい)が望んだもの、追い求めたものが、腐臭(ふしゅう)だったの  僕らが手にした歴史、実現した桃源郷(とうげんきょう)の最終地点が、この醜悪の現実だったの  生命を奪われる危機、失う間際(まぎわ)、数億を超える汚染感染犠牲の塔(とう)を前に、僕らは泣…
コメント:0

続きを読むread more

 人間の真実、自由の存在の深さ、夢幻(むげん)の可能、奔(ほとばし)り来る熱情に触(ふ)れたの

 僕らは地に転(ころ)がり並(なら)べられた死体の痛みを知ったの  天安門で戦車に踏み潰(つぶ)された人間の最後の思い、苦(くる)しさを見たの  国家という強制収容所に閉鎖され、悲歎(なげ)き、救いを求め差し出された無数の手と手が結(むす)ぶ合うの  人間が人間になるという人間の自然の権利を行使しないまま人間を費(つい)やすの…
コメント:0

続きを読むread more

 現実の一輪の花が未来を先行するの

 スクランブルの初動、上昇が急降下、生命停止、空中浮遊の誘因(ゆういん)、素因(そいん)になったの  生命の漲(みなぎ)りが自由の曲を激しく、静かに奏(かな)で、可能の現実、夢想の花畑と戯(たわむ)れるの  欠落、落魄(らくはく)、空虚(むなしさ)が化粧(けわい)、仮装(かそう)、虚偽不正の動機(どうき)だったの  現実の皮相…
コメント:0

続きを読むread more

 僕らは人間物質の始原(しげん)、企劃(きかく)意図(いと)、生物の誕生、創造(そうぞう)開始への劇的の転換、人間…

 まっしぐらに最悪、最低の選択、絶望の瞬間、段階へと確実に突き進み、最終の救済(きゅうさい)の時を待つの  人間の緩慢(ゆるさ)、大きな抱擁(ほうよう)する力に望みを託(たく)したの  錯誤(さくご)、錯乱(さくらん)、誤謬(あやまち)の僕らの後(うしろ)ろ楯(だて)を切り捨てたの   誤謬(ごびゅう)との親密(しんみつ)性、…
コメント:0

続きを読むread more