人間の邪(よこしま)、欲深さ、自分への囚(とら)われが生物孤種(こしゅ)、人間という化(ば)け物を進化させたの

 傷付けられた草木(くさき)が苦痛の嘆汁(たんじゅう)を流し人間に復讐(ふくしゅう)するの  汚染された大地、有害、有毒の大気、加害、毒素と変化(へんげ)、汚された水が中国に牙(きば)を剥(む)くの  この17億の獰猛(どうもう)、凶暴(きょうぼう)、恥知らずの化外(けがい)を早々に始末せよと歴史が示唆(しさ)するの  中華と…
コメント:0

続きを読むread more

 深紅の虚偽国家、似非(エセ)共産主義の終焉(しゅうえん)が近代、現代史の虚偽、不正富裕、不正腐敗の掉尾(とうび)…

 自由なるもの、社会主義、共産主義なるもの、僕ら人間は何を望んだの  人間が人間を否定、殺す方法、その理由付(づ)け、格段に飛躍した殺傷能力、殺害技術、手段、悪魔のやり口を学習したの  目に見えぬ陰湿(いんしつ)、狡猾(こうかつ)、強欲(ごうよく)、貪婪(どんらん)、人間の本性が情報の狭窄(きょうさく)、不正の閾値(しきいち)を増幅…
コメント:0

続きを読むread more

 パンダミック防疫(ぼうえき)体制の無能はcovid-19の放埒(ほうらつ)に振り回されている現実ではなく、人間種…

 僕らは何故、ひたひたと迫(せま)る近未来、14億8000万犠牲者、3200万死者の現実の最短コースから目を背(そむ)けるの  逃げ惑(まど)い、哭(な)き叫び、自分の、この世に生まれた不運を嘆(なげ)き、呪(のろ)うことしかできないの  怒り、理不尽(りふじん)、理解不能、己(おのれ)の無知を前に、ただできるのは涙と悪魔を呼ぶこと…
コメント:0

続きを読むread more

 個(こ)を奪い性を剥奪(はくだつ)、人間の形さえ止(とど)まることを許さぬものに、人間の意志、発語を譲与(じょう…

 人間を丸投げ、萎靡(いび)し、遺棄(す)てるの  自己責任の体裁(てい)で紐帯(おぶひも)を絶(た)つの  人間の責(せ)めから逃げ出し、生まれでた意味、存在することの価値に背(せ)を向けたの  僕らは入力(にゅうりょく)された情報、信号、記号が展開する人口知AIの完璧、誤謬(ごびゅう)のない定型を生きるの  プログラムに…
コメント:0

続きを読むread more

 悪魔に身を窶(やつ)し、虚偽の、悪魔の力を借用(か)りて絶滅、細胞死を生き延(の)びるの

 誰もが中国共産党に入党するの  日本共産党の細胞、組織になるの  細胞の基本原理、転写、複製、クローン、コピー、増殖を繰り返し、腐敗、破壊を惹起(じゃっき)するの  本体に進入、開門するの  虚偽の優秀(すぐ)れた技能を盗み、虚偽の高度の技術を奪い、虚偽を個そのものに同化、同一させるの  口から泡を吹かし、叫び騒ぐ人を尻…
コメント:0

続きを読むread more

 狼(オオカミ)の自由か、子羊たちの沈黙、女々(メェメェ)の泣き声か、人間の恥辱(ちじょく)が消えてゆくの

 中国共産党序列1位の不正蓄財、不正富裕、強奪(ごうだつ)した人民富財(ふざい)の蓄財履歴(りれき)、秘匿(ひとく)資産の摘発、査問、精査、懲罰(ちょうばつ)を牧羊(ひつじ)が開始したの  序列2位が人民から収奪、分捕(ぶんど)った金融資産総額が大気汚染の悪化に何%の影響、加害、損害したかを解(と)き明かすの  序列3位が土壌汚染さ…
コメント:0

続きを読むread more

 自(みずか)らの意志、情報、甲殻(こうかく)、その姿、本質、苦悩、歓喜を表現、発信することもできぬ、徒手空拳(と…

 何人(なにびと)とも共有、共存、共同できぬ異界(いがい)を背負(せお)ったの  時は与えられたの、既(すで)に時間は奪われ、使用され、何も残っていないの  生の、性、本質の骸(むくろ)だけが見捨てられ、転(ころ)がっているの  悪い人間だったの  害(がい)したの  損(そこ)なったの  何もできないの  何も動…
コメント:0

続きを読むread more

 統計の冷徹(れいてつ)は怒濤(どとう)、迫り来る数千万犠牲(ぎせい)者、死者の葬送を明示しているのに、富裕独占、…

 富裕は夥(おびただ)しい野積(のづ)みの塚(つか)、着々と積み上がる犠牲(ぎせい)に乗(じょう)じて、富財(ふざい)、金融商品を蓄積するの  戦争の恐怖を煽(あお)り、自己を正当化、有無(うむ)を言わさず、独裁の無能、強権を発動、淫猥(いんわい)の野望に狂奔(くるいばし)るの  人類史に登場した中華、中国という・・国家は人間の尊厳…
コメント:0

続きを読むread more

 暗黒に生きるの、光を征(い)くの

 何を欲(ほっ)したの  整列、順位、順番が進行するの  虚偽にそれ程(ほど)の力が、僕ら人間存在を圧殺(あっさつ)、圧倒(あっとう)する力があったの  不正腐敗が僕らの禁忌(きんい)、最優先の遵守(じゅんしゅ)項目、従うべき領導(りょうどう)だったの  虚偽不正が、恐るべき力を持ったものに追随(ついずい)、追従することが人…
コメント:0

続きを読むread more

 ネコの首に鈴を付けるネズミたちの日が来たの、甘い幻想に(ふけ)る虚偽の日常は終わったの

 現実に起(お)こる、起(お)きている事実、事象(じしょう)は虚偽の工作、偽りの情報操作など一蹴(いっしゅう)、微塵(みじん)も揺(ゆ)らがぬの  粛々(しゅくしゅく)と現実は、時(とき)の刻(きざ)みは何処(どこ)かへ向かい、進行するの  僕ら生物種(しゅ)は、その揺れ動き、流れ過ぎるものと一つになる他(ほか)ないの  落ち…
コメント:0

続きを読むread more

 僕らのどこに地上の生物種を断種(だんしゅ)、人間種属を抹殺(まっさつ)する権利、その正当性、正義があるの

 自然が人間生物の欲深さ、強欲(ごうよく)、独占専横(せんおう)に自然淘汰(とうた)のゴーサインを出したの  習近平の無知は自分が絶対核心、最高尊厳、唯一領導であるという恐るべき自己欺瞞(ぎまん)、傲慢(ごうまん)、尊大(そんだい)の空(むな)しさ、この世界で最も卑(いや)しい自我(じが)にあったの  虚栄(きょえい)、虚飾(きょし…
コメント:0

続きを読むread more

 孤独の輪(わ)の中に嵌(はま)まり、浸(ひた)り、破壊、突き抜け、解(と)き放(はな)つ時を、ひたすら待つの

 新しい世界、すぐそこにある、手を伸ばすだけで触(ふ)れる事の世界から逃げ続けるの  そんなに人間なるものが作り出した世界が大事(だいじ)、何か、意味、価値があるの  何故、人間を形作(かたづく)り、構成したものを全(すべ)て毀(こわ)さないの  富裕を独占することが悪だったの  人間を殺すことが称(ほ)め讃(たた)えられな…
コメント:0

続きを読むread more

 余(あま)りに稚拙(ちせつ)な、遅鈍(ちどん)の僕らの歩みを怒(いか)りもせず、優しく、いつまでも見守ってくれる…

 どんなに劣等(れっとう)、下位、下級、低能の組織、烏合(うごう)の細胞、低位(ていい)有機物、単細胞であれ、生の恵(めぐ)みを一生懸命(いっしょうけんめい)享受(きょうじゅ)する権利は持っているの  僕らは最低限の生物条件、生存環境、社会条件、社会構成、仕組(しく)みへの関与、関係性、連関、稠密(ちょうみつ)性を発揮する権利を持って…
コメント:0

続きを読むread more

 桜は次の生命を生み出すために散ったの、再び咲き誇る日のために

 人間を殺す殺人者、殺人鬼、ミャンマー軍、人民解放軍、アメリカ軍を僕らは必要とし、食、存続条件を確約、まだまだたっぷりと利用、使用、人殺しの汚(きたな)い仕事をさせるの  人間が人間を殺す仕事は何人殺せば、何時(いつ)になれば終わるの  人間を殺すことが僕らの目的、存在価値だったの  虚偽はそんなに大事なものだったの  まだ…
コメント:0

続きを読むread more