テーマ:

 僕らは自分の姿をどこに投影するの、存在の場、仕方(しかた)、仕様(しよう)を見つけたの

 あまりの時の長さを持(も)て余(あま)し、くたびれたの  時間の短さ、過ぎ去る速さを嘆(なげ)くの  自らの意味を知ったの  美の純粋に、エロスの暗黒に憧(あこが)れたの  汚れ、腐敗臭、不正の歪(ゆが)み、痛みが清(きよ)らに流れていくの  苦悩、無知、無明(むみょう)、無暗(むあん)が僕らを性の証(あか)りに向かわせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 中国6000年の歴史を自(みずか)ら否定、ドブの腐臭に投げ捨てるの

 絶対核心なるものの無能を僕ら人間の肉体で証明するの  皆でヒットラー・ナチス、中国共産党に入党、協賛、この忌(い)まわしい時代を凌(しの)ぎ、生き延(の)びるの  毛沢東の亡霊、毛を騙(かた)る虚偽核心に縋(すが)り、毛の再来を自称、僭称(せんしょう)する習の領導(りょうどう)に人類の明日を委任、托(たく)すの  中国自作自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 何故、真実を知っている中国が防戦一方、逃げ回らねばならないの

 何を隠さねばならないの  好きなだけ、知りたいだけ、真実の実相(すがた)を観(み)て見よ  虚偽の欠片(カケラ)が1つも残されてない非情、その恐ろしさに世界は耐えることができるの  僕らの無能、無力は虚偽の原理から発(はっ)したの  光を求めた衝動、仮想の幻想、虚偽の欲望が世界を人間を構築したの  僕らは闇雲(やみくも)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 広々とした海があったの、太陽が上がったの、光が少しずつ増したの

 僕らは何時(いつ)まで真実を知ることから逃げ続けるの  僕らの存在する基盤の脆弱(ぜいじゃく)、不全(ふぜん)の開示(かいじ)を恐れたの  真実の強靱(きょうじん)が僕らの卑劣(ひれつ)を完璧(かんぺき)に暴露(ばくろ)正確に開陳(かいちん)獄門(ごくもん)することに耐えきれなかったの  僕らの肉体構造、細胞、組織、人間関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 必然を自然の内に取り込むの、僕らは何ものにも揺(ゆ)るがず、人間の歴史を作るの

 僕らの内部から湧(わ)き上がる自然の力を信じるの  手にした技術、手に入れた道具、獲得しただけの知(ち)で闘うの  沈黙、人間の目と耳を塞(ふさ)ぎ、気がつかない振(ふ)りをする、恥ずかしいこ止めるの止(や)めるの  性を、個(こ)の本質を悦(たの)しむの  天と地に自由を翔(かけ)る夢を見るの  人間の音色(ね)を感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 人間の邪(よこしま)、欲深さ、自分への囚(とら)われが生物孤種(こしゅ)、人間という化(ば)け物を進化させたの

 傷付けられた草木(くさき)が苦痛の嘆汁(たんじゅう)を流し人間に復讐(ふくしゅう)するの  汚染された大地、有害、有毒の大気、加害、毒素と変化(へんげ)、汚された水が中国に牙(きば)を剥(む)くの  この17億の獰猛(どうもう)、凶暴(きょうぼう)、恥知らずの化外(けがい)を早々に始末せよと歴史が示唆(しさ)するの  中華と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 深紅の虚偽国家、似非(エセ)共産主義の終焉(しゅうえん)が近代、現代史の虚偽、不正富裕、不正腐敗の掉尾(とうび)…

 自由なるもの、社会主義、共産主義なるもの、僕ら人間は何を望んだの  人間が人間を否定、殺す方法、その理由付(づ)け、格段に飛躍した殺傷能力、殺害技術、手段、悪魔のやり口を学習したの  目に見えぬ陰湿(いんしつ)、狡猾(こうかつ)、強欲(ごうよく)、貪婪(どんらん)、人間の本性が情報の狭窄(きょうさく)、不正の閾値(しきいち)を増幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 パンダミック防疫(ぼうえき)体制の無能はcovid-19の放埒(ほうらつ)に振り回されている現実ではなく、人間種…

 僕らは何故、ひたひたと迫(せま)る近未来、14億8000万犠牲者、3200万死者の現実の最短コースから目を背(そむ)けるの  逃げ惑(まど)い、哭(な)き叫び、自分の、この世に生まれた不運を嘆(なげ)き、呪(のろ)うことしかできないの  怒り、理不尽(りふじん)、理解不能、己(おのれ)の無知を前に、ただできるのは涙と悪魔を呼ぶこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 個(こ)を奪い性を剥奪(はくだつ)、人間の形さえ止(とど)まることを許さぬものに、人間の意志、発語を譲与(じょう…

 人間を丸投げ、萎靡(いび)し、遺棄(す)てるの  自己責任の体裁(てい)で紐帯(おぶひも)を絶(た)つの  人間の責(せ)めから逃げ出し、生まれでた意味、存在することの価値に背(せ)を向けたの  僕らは入力(にゅうりょく)された情報、信号、記号が展開する人口知AIの完璧、誤謬(ごびゅう)のない定型を生きるの  プログラムに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 悪魔に身を窶(やつ)し、虚偽の、悪魔の力を借用(か)りて絶滅、細胞死を生き延(の)びるの

 誰もが中国共産党に入党するの  日本共産党の細胞、組織になるの  細胞の基本原理、転写、複製、クローン、コピー、増殖を繰り返し、腐敗、破壊を惹起(じゃっき)するの  本体に進入、開門するの  虚偽の優秀(すぐ)れた技能を盗み、虚偽の高度の技術を奪い、虚偽を個そのものに同化、同一させるの  口から泡を吹かし、叫び騒ぐ人を尻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 狼(オオカミ)の自由か、子羊たちの沈黙、女々(メェメェ)の泣き声か、人間の恥辱(ちじょく)が消えてゆくの

 中国共産党序列1位の不正蓄財、不正富裕、強奪(ごうだつ)した人民富財(ふざい)の蓄財履歴(りれき)、秘匿(ひとく)資産の摘発、査問、精査、懲罰(ちょうばつ)を牧羊(ひつじ)が開始したの  序列2位が人民から収奪、分捕(ぶんど)った金融資産総額が大気汚染の悪化に何%の影響、加害、損害したかを解(と)き明かすの  序列3位が土壌汚染さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 自(みずか)らの意志、情報、甲殻(こうかく)、その姿、本質、苦悩、歓喜を表現、発信することもできぬ、徒手空拳(と…

 何人(なにびと)とも共有、共存、共同できぬ異界(いがい)を背負(せお)ったの  時は与えられたの、既(すで)に時間は奪われ、使用され、何も残っていないの  生の、性、本質の骸(むくろ)だけが見捨てられ、転(ころ)がっているの  悪い人間だったの  害(がい)したの  損(そこ)なったの  何もできないの  何も動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 統計の冷徹(れいてつ)は怒濤(どとう)、迫り来る数千万犠牲(ぎせい)者、死者の葬送を明示しているのに、富裕独占、…

 富裕は夥(おびただ)しい野積(のづ)みの塚(つか)、着々と積み上がる犠牲(ぎせい)に乗(じょう)じて、富財(ふざい)、金融商品を蓄積するの  戦争の恐怖を煽(あお)り、自己を正当化、有無(うむ)を言わさず、独裁の無能、強権を発動、淫猥(いんわい)の野望に狂奔(くるいばし)るの  人類史に登場した中華、中国という・・国家は人間の尊厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 暗黒に生きるの、光を征(い)くの

 何を欲(ほっ)したの  整列、順位、順番が進行するの  虚偽にそれ程(ほど)の力が、僕ら人間存在を圧殺(あっさつ)、圧倒(あっとう)する力があったの  不正腐敗が僕らの禁忌(きんい)、最優先の遵守(じゅんしゅ)項目、従うべき領導(りょうどう)だったの  虚偽不正が、恐るべき力を持ったものに追随(ついずい)、追従することが人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 ネコの首に鈴を付けるネズミたちの日が来たの、甘い幻想に(ふけ)る虚偽の日常は終わったの

 現実に起(お)こる、起(お)きている事実、事象(じしょう)は虚偽の工作、偽りの情報操作など一蹴(いっしゅう)、微塵(みじん)も揺(ゆ)らがぬの  粛々(しゅくしゅく)と現実は、時(とき)の刻(きざ)みは何処(どこ)かへ向かい、進行するの  僕ら生物種(しゅ)は、その揺れ動き、流れ過ぎるものと一つになる他(ほか)ないの  落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 僕らのどこに地上の生物種を断種(だんしゅ)、人間種属を抹殺(まっさつ)する権利、その正当性、正義があるの

 自然が人間生物の欲深さ、強欲(ごうよく)、独占専横(せんおう)に自然淘汰(とうた)のゴーサインを出したの  習近平の無知は自分が絶対核心、最高尊厳、唯一領導であるという恐るべき自己欺瞞(ぎまん)、傲慢(ごうまん)、尊大(そんだい)の空(むな)しさ、この世界で最も卑(いや)しい自我(じが)にあったの  虚栄(きょえい)、虚飾(きょし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 孤独の輪(わ)の中に嵌(はま)まり、浸(ひた)り、破壊、突き抜け、解(と)き放(はな)つ時を、ひたすら待つの

 新しい世界、すぐそこにある、手を伸ばすだけで触(ふ)れる事の世界から逃げ続けるの  そんなに人間なるものが作り出した世界が大事(だいじ)、何か、意味、価値があるの  何故、人間を形作(かたづく)り、構成したものを全(すべ)て毀(こわ)さないの  富裕を独占することが悪だったの  人間を殺すことが称(ほ)め讃(たた)えられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 余(あま)りに稚拙(ちせつ)な、遅鈍(ちどん)の僕らの歩みを怒(いか)りもせず、優しく、いつまでも見守ってくれる…

 どんなに劣等(れっとう)、下位、下級、低能の組織、烏合(うごう)の細胞、低位(ていい)有機物、単細胞であれ、生の恵(めぐ)みを一生懸命(いっしょうけんめい)享受(きょうじゅ)する権利は持っているの  僕らは最低限の生物条件、生存環境、社会条件、社会構成、仕組(しく)みへの関与、関係性、連関、稠密(ちょうみつ)性を発揮する権利を持って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 桜は次の生命を生み出すために散ったの、再び咲き誇る日のために

 人間を殺す殺人者、殺人鬼、ミャンマー軍、人民解放軍、アメリカ軍を僕らは必要とし、食、存続条件を確約、まだまだたっぷりと利用、使用、人殺しの汚(きたな)い仕事をさせるの  人間が人間を殺す仕事は何人殺せば、何時(いつ)になれば終わるの  人間を殺すことが僕らの目的、存在価値だったの  虚偽はそんなに大事なものだったの  まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 パンダミックという道化(どうけ)に茶化(ちゃか)され、ワイワイ踊(おど)り、挙句(あげく)嗤(わら)い出すの

 習近平は、17億中国人民に対して湧(わ)き上がる怨嗟(えんさ)の声、世界からの罵倒(ばとう)、世界中に飛び交(か)う怒号(どごう)に、どう応(こた)えるの  愚鈍(ぐどん)、阿呆(あんぽん)民、気悪(きも)無知、絶品(ぜっぴん)下種(げす)、無能無双(むそう)、天井(てんじょう)馬鹿、人間案山子(かかし)、昼行燈(あんどん)、轟々(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 悪魔の仕事をするの、人間の仕事をするの

 中国の倨傲(きょごう)を許すの、人間の腐敗をどこまで許すの  人間種(しゅ)、人類を否定するの、存在を悦(よろこ)ぶの  子ども達の未来を閉ざすの、僕らの可能を開くの  生けるものを愛するの、憎むの  独孤(ひとり)で終わるの、皆(みんな)に(ゆだ)ねるの  7000万年前、人間に似た生物が存在したの、時の重さ、7000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 人間の皮を被(かぶ)った習近平は人類の敵、武漢covidの死者275万2095人、人間存在、人生を犠牲(ぎせい)…

 僕らの未来への、この暗澹(あんたん)たる状況においても、まだ絶対核心、自分だけの命が惜(お)しいの  たった1人の絶対核心の価値が1千万ウイグル人、1千万チベット人、14億4000万中国人の価値を上回(うわまわ)っているの  この期(ご)に及(およ)んで、習近平は何を隠し、己(おのれ)の保身(ほしん)に汲々(きゅうきゅう)とし、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 中国パンダミック、今世紀最大、史上空前の災厄(さいやく)、凶悪(きょうあく)凄惨(せいさん)人道犯罪への唯一の一…

 真実などいらないの  空想、仮想ではなく現実を見るの  死者の数(かず)を数(かぞ)えるの  僕らにできることは死体を処理することだけの  怒濤(どとう)の狂乱、錯乱(さくらん)、混乱から平静、平穏を装(よそお)うことなの  少なくとも僕らには最後まで人間の形(かたち)を保ち続けねばならぬ固有の生物種としての自負(じふ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 愛すべき中国と同祖論、派生(はせい)、分岐、独立など、打っちゃって、人間そのものの深みで闘うことができないの

 どうして中国は哀(かな)しい虚偽に縋(すが)るの  人間が心の奥の真実の叫び、思いを吐(は)き出すことができないの  虚偽で塗(ぬ)り固め、隠蔽(いんぺい)、偽装で隠し通さねばならぬ貧相(ひんそう)、薄(うす)っぺらの作り事(ごと)、中国共産党の真実など、人間の存在を賭(か)けて守らねばならぬものなの  何を恐れるの  中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 中国の虚偽を、隠蔽(いんぺい)、無法暴力、独裁強権の時代遅れを摘発(てきはつ)、査問(さもん)、情報接触権限(け…

 中国の無能は悪害万遍(まんべん)、全世界へのパンダミック垂(た)れ流し、世界、人間種を困窮(こんきゅう)、疲弊(ひへい)、貧困化、錯乱(さくらん)、狂乱に追い込んだことに尽(つ)きるの  疾病(しっぺい)の蔓延(まんえん)を隠蔽(いんぺい)、放置、数十億の犠牲者、数億を越える死者予測、この前代未聞の殺人画策(かくさく)、人類大虐殺の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 僕らは富裕の意志、資本の意図、凝(こ)らされた趣向(しゅこう)に従って生きるの

 権力とは単純に富(とみ)、生産物の分配様式、消費方式、その優先順位にすぎなかったの  初めは暗闇を(ゆ)らぎ、濃度を(およ)ぐ長い時間に飽(あ)いて、ほんの少しの明(あ)かりを求めたの  形を手に入れた僕らは冷涼(れいりょう)たる無機物の荒野に同様、同類、よく似た構造形成(けいせい)、生体異物(いぶつ)を発見したの  12億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 真実を恐れ、虚偽を生きる17億人民に多民族国家群、人類の明日を切り開いていく自負(じふ)、人間の誇りはどこにあるの

 僕らの歴史は虚偽の積み重ねだったの  虚偽が隠蔽(いんぺい)に成功した歴史事実が存在したの  僕らは過去を、未来を冒瀆(ぼうとく)して生きるしかないの  現実の与えられた前提、仕様(しよう)、総枠(わく)、規格の中で人間を実現するの  規矩(のり)を踏み破り、法と無法の偽善、茶番(ちゃばん)を相手(あいて)せず、自(みずか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 誰が何ものが、どんな力が独裁者ヒットラーを破滅、自殺に追い込んだの

 絶対核心、全能の最高尊厳、習近平の誤謬(ごびゅう)、過(あやま)ち、目を蔽(おお)う惨憺(さんたん)たる失敗、失政を何ものが明らかにするの  人民に残された選択とは絶対核心への絶対忠誠を誓うこと、人民の命を抛(なげう)つに等(ひと)しい犠牲(ぎせい)を払うこと、絶対核心の忠臣、臣下、下僕(しもべ)、人民が人間奴隷となる以外のものが何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 貧困と無能を心から誇るの

 錯乱(さくらん)、錯誤(さくご)の中国に指導、教えを乞(こ)うの  欲望の限りをを尽(つ)くしてみるの  放縦(ほしいまま)に動くの  無法が何ができるか、どこまで腐り果(は)てるか、やってみるの  非人間の性(さが)とは、異常の、異様の人間とは、人間の凶悪(きょうあく)の可能を探(さぐ)るの  人間が人間の形(かたち)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 鬼城が人間を滅ぼすの、人間が鬼城を追放、人間世界から退場させるの

 1842年、鴉片(アヘン)脳に腐った清(chin)から、香木(こうぼく)の集まる地、香港を、歴史の力が割譲(かつじょう)したの  不正、腐敗、虚偽、隠蔽(いんぺい)に狂奔(きょうほん)、贅(ぜい)、富裕を独占、堕落(だらく)、頽廃(たいはい)する一方のアジアの雄(ゆう)中国、東洋の巨竜の劣化(れっか)を歴史が正(ただ)すの  虚偽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more