中国とは何と美しい優しい心を持った国だったのだろうか? 2100万人の中国人を日本に殺されながら、

 2050万人分の日本人の命を奪うことなく赦(ゆる)し、見逃し、助けてくれたのだから・・・。
 これが生粋(きっすい)の筋金(スジガネ)入りの赤軍、狂信的右翼、偏狭な国粋主義者なら、そうは行かない。
 革命家は人民の血を啜(すす)った資本の怪物に10倍返し、100倍返しの報復、仕返しを叫ぶ。
 脆弱(ぜいじゃく)な日和見(ひよりみ)主義者は、たった50万人の日本軍の命と引き換えに2100万人の犠牲者を出すなど、中国は人類史上最低の国家だ。いや、もはや、口が裂けても国家などとは言えない。屑(クズ)、滓(カス)、呆け(ボケ)の烏合(うごう)、浮塵子(ウンカ)集団だったと公言しているのと同じことだと主張する。
 
 公正の標準(スタンダード)、公平の標準(スタンダード)の意味など、中国人に聞いても誰一人知らない。文字を読めないから5000年の知の蓄積を活用できない。漢字を発明したのに文字を書けない人々が大半だから他人に意思を伝えることができない。口を開けば真っ赤なウソしか吐(つ)かないのが、中国の標準(スタンダード)だったから。

 公平の基準、公正の社会的ハードルは何故、必要なのか?
 人間が人間であり続けるための、人間が人間として生存できる社会環境とは何か?
 人には各個人の身体の発達段階に応じた適切な体重、身長、供給酸素量、人体維持に必須の水分補給量、必要摂取cal(カロリー)、適度な休養時間、睡眠時間、運動量がある。
 同様に社会的位置環境においても、人間の尊厳を守る為の個人の自由の裁量、選択の余地を残した社会整備、人為的調整、社会的管理の必要はないのか?
 
 不当に強制、抑圧された意に反する仕事を供給され、就(つ)くことがないこと。人間活動を継続するための最低限の栄養補給、医学的治療を受けられる保証があること。万人が孤独、疎外された人間として生を終えない権利を持っていること。
 人間が人間であることとは、懸命に生きる姿を後に続く者たちに表現、明示することではなかったか?
 人は後に残り、後からやってくる者たちに、
 人間とは何か?
 人間とは何だったのか?
 人はどうやって生きていくのか?
 人間にできることとは何か?
 人が人間であり続けるゆえの無念、苦悩、慙愧(ざんき)の念を教えるために生きたのではなかったか?
 人間になること、人間であることが至難の業(わざ)であることを伝えるために生きたのではなかったか?
 
 人間標準(スタンダード)とは何か?
 人間が置かれた生存環境が人間が人間として生きていくことの最低のハードルをクリアーしていること、その社会環境が不正ではなく公正、公平に裏打ちされ正当な人間の権利として認識されていること。社会全体が人間標準(スタンダード)への強い共感の支持を表明していること。
  
 2000万人を1人、1分かけて殺せば、全員殺し終えるまで38年間かかる。文革の犠牲者5000万人の場合は、10人がかりで詰め寄り、集(たか)り、自己批判を強要し、吊つるし上げ、棒切れで殴打すれば、すべてが終わるのに、3分あれば済む。

 2100万人を殺した日本は、今また、目の前で繰り広げられる中国の瓦解(くずれ)を傍観し、見殺しにするのか?
 中国人は小学1年の算数も学んだことのない哀れな人々ばかりだから、68年を経ても正確な死者の数、犠牲者の数、戦争被害者の総数を数えることもできない。
 自分たちの置かれている非人間的惨状を表現すること、伝えることもできぬ、読み書きもできぬ文盲の人々を見放すのか?
 口を開けば自分達のことを棚に上げ、口を極(きわ)めて他人、日本を誹謗(ひぼう)中傷するよう情報操作された可哀想(かわいそう)な人々を見捨てるのか?

 中国が捨てた残滓(ざんし)、川、海に流した不要物、廃棄物、奇形、汚れ、カス、泡(アブク)の中から生まれた日本は、中国に対し何ができるのか?
 今こそ、5000年待ち続けた日本が中国に恩返しする、その時が来たのではないか?
 中国の荒(すさ)み、曇りきった目を醒(さ)まし、密殺、圧殺、封殺された人間性を開かせ、人間なるものの大いなる可能性を称揚(しょうよう)し、自由の雄叫(おたけ)びが全身を打ち震わせる感動を呼び興(おこ)すことを信じる時ではないのか? 
 至高の人間価値とは何か?
ということを、ともに考える時がきたのではないか?
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック