荒ぶる魂(たましい)と知の静謐(せいひつ)を自在に行き来する事、それが自然な人間の姿ではなかったか?

 情報機器が人間を一括(いっかつ)、コントロールする時代がやって来たのか?
 人間の認知能力を支配し、庇護(ひご)を求めるか弱き人間を助け、明日を開く創造の主(ぬし)とは、一人残らず人体に装着を義務付けられようとしている智能媽だったのか?
 人に生まれ来た望外の悦(よろこ)びとは姿見の向こうに自分以外の人間を発見する事ではなかったか?
 
 大人は自分の欲望を達成する為に無邪気な子どもの笑顔を抹殺(まっさつ)し、子どもの数を減数するのか?
 子どもの犠牲と引き換えに手に入れた褒美(ほうび)とは、10回の海外旅行、三ツ星レストランの美味しいディナー、高級車、贅沢(ぜいたく)な生活スタイル、虚栄(みえ)、地位の維持だったか?
 誰でも大人はグルメ満喫のお食事券綴(つづ)りが貰(もら)えるとなれば、子ども1人位は消去する選択をする。

 近世300年間に、酸素濃度の変化、減少はなかったか?
 放射能の増加は見られないか? 
 ホルモン撹乱(かくらん)物資の飛散はないか?
 PM2.5の異常、異様な上空拡散、蔓延はないか?
 避妊具未使用の粗暴な性犯罪事例は激増してはいないか?
 まだ独り立ちできぬ子どもに対する人道犯罪、大人の暴力的支配、虐待は増えてはいないか?
 二酸化炭素濃度の上昇、オゾン層の破壊は非常警鐘を鳴らされてはいないか?
 子どもたちは生存環境-4℃~36℃の間で生命の危機に遭遇(そうぐう)せずに順調に生育しているか?
 子どもたちは資本の暴戻、無頼の凶暴から守られているか?
 資本の狡猾な欲望の餌食(えじき)になってはいないか? 魔の手から逃れられているか?
 子どもの人間としての自由な発動、生成が大人達のエゴ、欲求の充足の為に搾奪されてはいないか?
 子どもたちの呼吸空間が圧搾されてはいないか?
 子どもたちは大人の都合、自分勝手な欲望の犠牲になってはいないか?
 子どもの生命が耐久消費財、何個かに置換されてはいないか?
 子育ての心労、生育費、教育費を拒絶し、ペットの飼育、大人達の歓楽の時間にすり替わってはいないか?
 自分達のステイタス(安住地)を守るために、本来なら自然に生まれ出るべき子どもたちを殺戮(さつりく)してはいないか?
 重金属、有害物資は自然増減の範囲を外れ、異常数値の警告を発してはいないか?
 
 誰が、どこの国が悪意を隠して、未来を押し潰(つぶ)そうとしているのか?


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック